サイト再構築の影響で、古い記事を中心に表示が崩れている箇所があります。順次メンテナンス中です。

印西市が固定資産税を20年間にわたり合計2億円以上誤徴収、3億円余りを返還へ

  • URLをコピーしました!

目次(タップでその場所へ移動)

印西市、固定資産税2億円誤徴収

固定資産税2億円誤徴収 印西市|NHK 首都圏のニュース 千葉県印西市が市内のビルを所有する会社から20年間にわたって固定資産税2億円余りを誤って余分に徴収していたことがわかり、印西市は会社側に謝罪するとともに今後、加算金も含め3億円余りを返還することにしています。 このオフィスビルは主な構造が実際には「鉄骨」ですが、より評価額が高い「鉄骨鉄筋コンクリート」として計算されていたため、税額が過大に算定されていたということです。
]]>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!